トップページ > 詳細

詳細

『山口FGがAIでビジネスマッチング』 NEW

2018年02月02日

・山口フィナンシャルグループ(FG、下関市)は1月15日、日立製作所などと連携し、人工知能(AI)を活用した取引先企業のビジネスマッチングサービスの実証実験を始めたと発表した。AIを使い最適な候補先を自動で見つける。早ければ2018年度上期にも本格導入する方針。山口FGによると、AIを活用することでマッチング成立の精度向上や業務の効率化などのメリットが期待できる。従来は傘下の山口、もみじ、北九州の3銀行が持つ顧客データなどを基に、専門部署や担当者がネットワークやノウハウなどを生かして紹介してきた。担当者は「AIによりこれまで発想できなかった取引先が見つかる可能性もあり、地元企業の成長と地域活性化に少しでも貢献したい」と話している。(H30.1.16山口新聞、日本経済新聞)

▲ このページのトップへ